task put_by_count

Description

タスクに割り当てる入力データの個数を指定して、タスクを作成します。

Examples

基本的な使い方

以下のコマンドは、「task_idのプレフィックスが"sample"で、タスクに含まれる入力データの個数を10個」のタスクを作成します。

$ annofabcli task put --project_id prj1 \
--task_id_prefix sample --input_data_count 10

タスクの作成が完了するまで待つ

タスク作成の処理は、数分かかかります。 タスクの作成が完了するまで待つ場合は、--wait を指定してください。

$ annofabcli task put --project_id prj1 \
--task_id_prefix sample --input_data_count 10 --wait

Usage Details

タスクに割り当てる入力データの個数を指定して、タスクを作成します。

usage: annofabcli task put_by_count [-h] [--yes] [--endpoint_url ENDPOINT_URL]
                                    [--annofab_user_id ANNOFAB_USER_ID]
                                    [--annofab_password ANNOFAB_PASSWORD]
                                    [--logdir LOGDIR] [--disable_log]
                                    [--debug] -p PROJECT_ID --task_id_prefix
                                    TASK_ID_PREFIX --input_data_count
                                    INPUT_DATA_COUNT
                                    [--allow_duplicate_input_data]
                                    [--input_data_order {name_asc,name_desc,random}]
                                    [--wait]

Named Arguments

-p, --project_id

対象のプロジェクトのproject_idを指定します。

--task_id_prefix

生成するタスクIDのプレフィックス

--input_data_count

タスクに割り当てる入力データの個数。動画プロジェクトの場合は1を指定してください。

--allow_duplicate_input_data

指定すると、既にタスクに使われている入力データを使ってタスクを作成します。

--input_data_order

Possible choices: name_asc, name_desc, random

タスクに割り当てる入力データの順序

Default: "name_asc"

--wait

タスク登録ジョブが終了するまで待ちます。

global optional arguments

--yes

処理中に現れる問い合わせに対して、常に yes と回答します。

--endpoint_url

Annofab WebAPIのエンドポイントを指定します。

Default: "https://annofab.com"

--annofab_user_id

Annofabにログインする際のユーザーID

--annofab_password

Annofabにログインする際のパスワード

--logdir

ログファイルを保存するディレクトリを指定します。

Default: .log

--disable_log

ログを無効にします。

--debug

HTTPリクエストの内容やレスポンスのステータスコードなど、デバッグ用のログが出力されます。

オーナロールを持つユーザで実行してください。