task reject

Description

タスクを差し戻します。 ただし作業中状態のタスクに対しては差し戻せません。

annofabcli task reject コマンドで差し戻したタスクは、画面から差し戻したタスクとは異なり、抜取検査・抜取受入のスキップ判定に影響を及ぼしません。

Examples

基本的な使い方

--task_id に操作対象タスクのtask_idを指定してください。

task_id.txt
task1
task2
...

以下のコマンドは、--task_id に指定したタスクを差し戻します。差し戻したタスクは教師付フェーズになり、担当者は最後の教師付フェーズを担当したユーザになります。

$ annofabcli task reject --project_id prj1 --task_id file://task_id.txt

受入取り消しと差し戻しを同時に行う場合は、--cancel_acceptance を指定してください。

$ annofabcli task reject --project_id prj1 --task_id file://task_id.txt  --cancel_acceptance

差し戻す際に検査コメントを付与する場合は、--comment を指定してください。 検査コメントの付与する場所は、--comment_data で指定できます。後述を参照してください。

$ annofabcli task reject --project_id prj1 --task_id file://task_id.txt \
 --comment "weather属性を見直してください。"

検査コメントの位置や区間を指定する

--comment_data に、検査コメントの位置や区間をJSON形式で指定することができます。

$ annofabcli task reject --project_id prj1 --task_id file://task_id.txt \
 --comment "weather属性を見直してください。" \
 --comment_data '{"x":10,"y":10,"_type":"Point"}'

--comment_data に渡す形式は、https://annofab-cli.readthedocs.io/ja/latest/command_reference/inspection_comment/put_simply.html を参照してください。

--comment_data を指定しない場合は、以下の検査コメントが付与されます。

  • 画像プロジェクト: 点。先頭画像の左上に位置する。

  • 動画プロジェクト: 区間。動画の先頭に位置する。

  • カスタムプロジェクト(3dpc): 辺が1の立方体。先頭フレームの原点に位置する。

ただし、カスタムプロジェクトの場合は --csutom_project_type が必須です。

$ annofabcli task reject --project_id prj1 --task_id task1 \
 --comment "weather属性を見直してください。" \
 --custom_project_type 3dpc

差し戻したタスクの担当者を指定する

差し戻したタスクの担当者は、デフォルトでは最後の教師付フェーズを担当したユーザになります。 担当者を指定する場合は、--assigned_annotator_user_id に担当させたいユーザのuser_idを指定してください。

$ annofabcli task reject --project_id prj1 --task_id file://tasks.txt \
--assigned_annotator_user_id user1

担当者を割り当てない場合は --not_assign を指定してください。

$ annofabcli task reject --project_id prj1 --task_id file://tasks.txt \
--not_assign

タスクのフェーズやステータスなどで絞り込む

--task_query を指定すると、タスクのフェーズやステータスなどで、操作対象のタスクを絞り込むことができます。

以下のコマンドは、task_id.txt に記載されているタスクの内、受入フェーズで未着手のタスクを差し戻します。

$ annofabcli task reject --project_id prj1 --task_id file://task_id.txt \
 --task_query '{"phase":"acceptance", "status:"not_started"}'

並列処理

以下のコマンドは、並列数4で実行します。

$  annofabcli task reject --project_id prj1 --task_id file://task.txt \
--parallelism 4 --yes

Usage Details

タスクを差し戻します。差し戻す際、検査コメントを付与することもできます。作業中状態のタスクに対しては指し戻せません。このコマンドで差し戻したタスクは、画面から差し戻したタスクとは異なり、抜取検査・抜取受入のスキップ判定に影響を及ぼしません。

usage: annofabcli task reject [-h] [--yes] [--endpoint_url ENDPOINT_URL]
                              [--annofab_user_id ANNOFAB_USER_ID]
                              [--annofab_password ANNOFAB_PASSWORD]
                              [--logdir LOGDIR] [--disable_log] [--debug] -p
                              PROJECT_ID -t TASK_ID [TASK_ID ...] [-c COMMENT]
                              [--comment_data COMMENT_DATA]
                              [--custom_project_type {3dpc}]
                              [--not_assign | --assigned_annotator_user_id ASSIGNED_ANNOTATOR_USER_ID]
                              [--cancel_acceptance] [-tq TASK_QUERY]
                              [--parallelism PARALLELISM] [--dryrun]

Named Arguments

-p, --project_id

対象のプロジェクトのproject_idを指定します。

-t, --task_id

対象のタスクのtask_idを指定します。 file:// を先頭に付けると、task_idの一覧が記載されたファイルを指定できます。

-c, --comment

差し戻すときに付与する検査コメントを指定します。検査コメントはタスク内の先頭画像に付与します。付与する位置は --comment_data で指定できます。

--comment_data

検査コメントの種類や付与する位置をJSON形式で指定します。指定方法は https://annofab-cli.readthedocs.io/ja/latest/command_reference/task/reject.html を参照してください。 file:// を先頭に付けると、JSON形式のファイルを指定できます。 デフォルトの検査コメントの種類と位置は以下の通りです。

  • 画像プロジェクト:点。先頭画像の左上

  • 動画プロジェクト:区間。動画の先頭

  • カスタムプロジェクト(3dpc):辺が1の立方体。原点

--custom_project_type

Possible choices: 3dpc

[BETA] カスタムプロジェクトの種類を指定します。カスタムプロジェクトに対して、検査コメントの位置を指定しない場合は必須です。 ※ Annofabの情報だけでは'3dpc'プロジェクトかどうかが分からないため、指定する必要があります。

--not_assign

差し戻したタスクに担当者を割り当てません。指定しない場合は、最後のannotation phaseの担当者が割り当てられます。

--assigned_annotator_user_id

差し戻したタスクに割り当てるユーザのuser_idを指定します。指定しない場合は、最後の教師付フェーズの担当者が割り当てられます。

--cancel_acceptance

受入完了状態を取り消して、タスクを差し戻します。

-tq, --task_query

タスクを絞り込むためのクエリ条件をJSON形式で指定します。 file:// を先頭に付けると、JSON形式のファイルを指定できます。 以下のキーを指定できます。

  • task_id

  • phase

  • phase_stage

  • status

  • user_id

  • account_id

  • no_user

--parallelism

使用するプロセス数(並列度)を指定してください。指定する場合は必ず --yes を指定してください。指定しない場合は、逐次的に処理します。

--dryrun

差し戻しが行われた時の結果を表示しますが、実際はタスクを差し戻しません。

global optional arguments

--yes

処理中に現れる問い合わせに対して、常に yes と回答します。

--endpoint_url

Annofab WebAPIのエンドポイントを指定します。

Default: "https://annofab.com"

--annofab_user_id

Annofabにログインする際のユーザーID

--annofab_password

Annofabにログインする際のパスワード

--logdir

ログファイルを保存するディレクトリを指定します。

Default: .log

--disable_log

ログを無効にします。

--debug

HTTPリクエストの内容やレスポンスのステータスコードなど、デバッグ用のログが出力されます。

オーナロールを持つユーザで実行してください。