task list_added_task_history

Description

タスク一覧に、タスク履歴に関する情報に加えたものを出力します。 タスク履歴に関する情報は、たとえば以下のような情報です。

  • フェーズごとの作業時間

  • 各フェーズの最初の担当者と開始日時

  • 各フェーズの最後の担当者と開始日時

最初に教師付けを開始した日時や担当者などを調べるのに、便利です。

Examples

基本的な使い方

$ annofabcli task list_added_task_history --project_id prj1 --output task.csv

警告

WebAPIの都合上、タスクは10,000件までしか出力できません。 10,000件以上のタスクを出力する場合は、annofabcli task list_all_added_task_history コマンドを使用してください。

タスクのフェーズやステータスなどで絞り込む

--task_query を指定すると、タスクのフェーズやステータスなどで絞り込めます。

--task_query に渡す値は、https://annofab.com/docs/api/#operation/getTasks のクエリパラメータとほとんど同じです。 さらに追加で、user_id , previous_user_id キーも指定できます。

以下のコマンドは、受入フェーズで完了状態のタスク一覧を出力します。

$ annofabcli task list_added_task_history --project_id prj1 \
 --task_query '{"status":"complete", "phase":"not_started"}'

task_id絞り込む

--task_id を指定すると、タスクIDで絞り込むことができます。

$ annofabcli task list_added_task_history --project_id prj1 \
 --task_id task1 task2

出力結果

JSON出力

$ annofabcli task list_added_task_history --project_id prj1 --format pretty_json --output out.json
out.json
[
{
    "project_id": "prj1",
    "task_id": "task1",
    "phase": "acceptance",
    "phase_stage": 1,
    "status": "complete",
    "input_data_id_list": [
        "input1",
        ...
    ],
    "account_id": "12bc2dca-d519-419b-8da1-cd431d91e193",
    "histories_by_phase": [
        ...
    ],
    "work_time_span": 3110962,
    "started_datetime": "2022-10-25T15:04:24.212+09:00",
    "updated_datetime": "2022-10-25T15:14:18.986+09:00",
    "operation_updated_datetime": "2022-10-25T15:14:18.986+09:00",
    "sampling": null,
    "metadata": {
    "input_data_count": 20
    },
    "user_id": "alice",
    "username": "Alice",
    "worktime_hour": 0.8641561111111111,
    "number_of_rejections_by_inspection": 1,
    "number_of_rejections_by_acceptance": 0,
    "input_data_count": 20,
    "created_datetime": "2022-10-22T00:18:20.922+09:00",
    "first_annotation_started_datetime": "2022-10-22T13:08:26.576+09:00",
    "first_annotation_worktime_hour": 0.5416294444444444,
    "first_annotation_user_id": "bob",
    "first_annotation_username": "Bob",
    "annotation_worktime_hour": 0.5879452777777777,
    "first_inspection_started_datetime": "2022-10-25T09:44:00.589+09:00",
    "first_inspection_worktime_hour": 0.08355916666666666,
    "first_inspection_user_id": "chris",
    "first_inspection_username": "Chris",
    "inspection_worktime_hour": 0.1110011111111111,
    "first_acceptance_started_datetime": "2022-10-25T15:04:24.212+09:00",
    "first_acceptance_worktime_hour": 0.16520972222222222,
    "first_acceptance_user_id": "alice",
    "first_acceptance_username": "Alice",
    "acceptance_worktime_hour": 0.16520972222222222,
    "first_acceptance_completed_datetime": "2022-10-25T15:14:18.967+09:00",
    "completed_datetime": "2022-10-25T15:14:18.967+09:00",
    "inspection_is_skipped": false,
    "acceptance_is_skipped": false
},
...
]

以下の項目は、タスク履歴から取得した情報です。

  • created_datetime: タスクの作成日時

  • annotation_worktime_hour: 教師付フェーズの作業時間[hour]

  • inspection_worktime_hour: 検査フェーズの作業時間[hour]

  • acceptance_worktime_hour: 受入フェーズの作業時間[hour]

  • first_acceptance_completed_datetime: はじめて受入完了状態になった日時

  • completed_datetime: 受入完了状態になった日時

  • inspection_is_skipped: 抜取検査により検査フェーズがスキップされたかどうか

  • acceptance_is_skipped: 抜取受入により受入フェーズがスキップされたかどうか

  • first_annotation_user_id: 最初の教師付フェーズを担当したユーザのuser_id

  • first_annotation_username: 最初の教師付フェーズを担当したユーザの名前

  • first_annotation_started_datetime: 最初の教師付フェーズを開始した日時

  • ...

  • last_acceptance_user_id: 最後の受入フェーズを担当したユーザのuser_id

  • last_acceptance_username: 最後の受入フェーズを担当したユーザの名前

  • last_acceptance_started_datetime: 最後の受入フェーズを開始した日時

Usage Details

タスク履歴に関する情報(フェーズごとの作業時間、担当者、開始日時)を加えたタスク一覧を出力します。

usage: annofabcli task list_added_task_history [-h] [--yes]
                                               [--endpoint_url ENDPOINT_URL]
                                               [--annofab_user_id ANNOFAB_USER_ID]
                                               [--annofab_password ANNOFAB_PASSWORD]
                                               [--logdir LOGDIR]
                                               [--disable_log] [--debug] -p
                                               PROJECT_ID
                                               [-tq TASK_QUERY | -t TASK_ID [TASK_ID ...]]
                                               [-o OUTPUT]
                                               [-f {csv,json,pretty_json}]

Named Arguments

-p, --project_id

対象のプロジェクトのproject_idを指定します。

-tq, --task_query

タスクの検索クエリをJSON形式で指定します。指定しない場合は、すべてのタスクを取得します。 file:// を先頭に付けると、JSON形式のファイルを指定できます。クエリのフォーマットは、getTasks APIのクエリパラメータと同じです。さらに追加で、user_id , previous_user_id キーも指定できます。ただし page , limit キーは指定できません。

-t, --task_id

対象のタスクのtask_idを指定します。 --task_query 引数とは同時に指定できません。 file:// を先頭に付けると、task_idの一覧が記載されたファイルを指定できます。

-o, --output

出力先のファイルパスを指定します。未指定の場合は、標準出力に出力されます。

-f, --format

Possible choices: csv, json, pretty_json

出力フォーマットを指定します。

Default: "csv"

global optional arguments

--yes

処理中に現れる問い合わせに対して、常に yes と回答します。

--endpoint_url

Annofab WebAPIのエンドポイントを指定します。

Default: "https://annofab.com"

--annofab_user_id

Annofabにログインする際のユーザーID

--annofab_password

Annofabにログインする際のパスワード

--logdir

ログファイルを保存するディレクトリを指定します。

Default: .log

--disable_log

ログを無効にします。

--debug

HTTPリクエストの内容やレスポンスのステータスコードなど、デバッグ用のログが出力されます。