experimental

Description

experimental はアルファ版です。予告なく変更される場合があります。

Available Commands

Usage Details

アルファ版のサブコマンド。予告なしに削除されたり、コマンドライン引数が変わったりします。

usage: annofabcli experimental [-h]
                               {list_out_of_range_annotation_for_movie} ...

Positional Arguments

subcommand_name

Possible choices: list_out_of_range_annotation_for_movie

Sub-commands:

list_out_of_range_annotation_for_movie

動画範囲外のアノテーションを探すためのCSVを出力します。最後尾のアノテーションの開始時間、終了時間を出力します。

annofabcli experimental list_out_of_range_annotation_for_movie
[-h] [--yes] [--endpoint_url ENDPOINT_URL] [--annofab_user_id ANNOFAB_USER_ID]
[--annofab_password ANNOFAB_PASSWORD] [--logdir LOGDIR] [--disable_log]
[--debug] -p PROJECT_ID [-t TASK_ID [TASK_ID ...]] [-o OUTPUT]
[--parse_annotation_zip]
Named Arguments
-p, --project_id

対象のプロジェクトのproject_idを指定します。

-t, --task_id

対象のタスクのtask_idを指定します。 file:// を先頭に付けると、task_idの一覧が記載されたファイルを指定できます。

-o, --output

出力先のファイルパスを指定します。未指定の場合は、標準出力に出力されます。

--parse_annotation_zip

アノテーションzipから範囲外のアノテーション情報を取得します。ただし、範囲外の終了時間は存在しません。

Default: False

global optional arguments
--yes

処理中に現れる問い合わせに対して、常に yes と回答します。

Default: False

--endpoint_url

Annofab WebAPIのエンドポイントを指定します。

Default: "https://annofab.com"

--annofab_user_id

Annofabにログインする際のユーザーID

--annofab_password

Annofabにログインする際のパスワード

--logdir

ログファイルを保存するディレクトリを指定します。

Default: .log

--disable_log

ログを無効にします。

Default: False

--debug

HTTPリクエストの内容やレスポンスのステータスコードなど、デバッグ用のログが出力されます。

Default: False