organization list

Description

自分が所属している組織の一覧を出力します。

Examples

基本的な使い方

$ annofabcli organization list

出力結果

JSON出力

$ annofabcli organization list --format pretty_json --output out.json
out.json
[
    {
        "organization_id": "12345678-abcd-1234-abcd-1234abcd5678",
        "name": "org1",
        "email": "foo@example.com",
        "price_plan": "free",
        "summary": {},
        "created_datetime": "2019-06-13T18:17:11.034+09:00",
        "updated_datetime": "2019-06-13T18:17:11.034+09:00",
        "my_role": "administrator",
        "my_status": "active"
    }
]

Usage Details

所属している組織の一覧を出力します。

usage: annofabcli organization list [-h] [--yes] [--endpoint_url ENDPOINT_URL]
                                    [--annofab_user_id ANNOFAB_USER_ID]
                                    [--annofab_password ANNOFAB_PASSWORD]
                                    [--logdir LOGDIR] [--disable_log]
                                    [--debug] [-f {csv,json,pretty_json}]
                                    [-o OUTPUT] [--csv_format CSV_FORMAT]

Named Arguments

-f, --format

Possible choices: csv, json, pretty_json

出力フォーマットを指定します。

Default: "csv"

-o, --output

出力先のファイルパスを指定します。未指定の場合は、標準出力に出力されます。

--csv_format

CSVのフォーマットをJSON形式で指定します。 --formatcsv でないときは、このオプションは無視されます。 file:// を先頭に付けると、JSON形式のファイルを指定できます。 指定した値は pandas.DataFrame.to_csv の引数として渡されます。

global optional arguments

--yes

処理中に現れる問い合わせに対して、常に yes と回答します。

--endpoint_url

Annofab WebAPIのエンドポイントを指定します。

Default: "https://annofab.com"

--annofab_user_id

Annofabにログインする際のユーザーID

--annofab_password

Annofabにログインする際のパスワード

--logdir

ログファイルを保存するディレクトリを指定します。

Default: .log

--disable_log

ログを無効にします。

--debug

HTTPリクエストの内容やレスポンスのステータスコードなど、デバッグ用のログが出力されます。