stat_visualization merge

Description

annofabcli statistics visualize コマンドの出力結果をマージします。

Examples

基本的な使い方

--dirannofabcli statistics visualize コマンドの出力先ディレクトリのパスを複数指定してください。

$ annofabcli statistics visualize --project_id prj1 --output_dir prj1_dir/
$ annofabcli statistics visualize --project_id prj2 --output_dir prj2_dir/

$ annofabcli stat_visualization merge --dir prj1_dir/ prj2_dir/ --output_dir merge_dir/

出力結果

$ annofabcli stat_visualization merge --dir prj1_dir/ prj2_dir/ --output_dir merge_dir/
merge_dir
├── line-graph
│   ├── 累積折れ線-横軸_アノテーション数-教師付者用.html
│   └── 累積折れ線-横軸_アノテーション数-受入者用.html
├── scatter
│   ├── 散布図-アノテーションあたり作業時間と品質の関係-実績時間-教師付者用.html
│   ├── 散布図-アノテーションあたり作業時間と累計作業時間の関係-計測時間.html
│   ├── 散布図-アノテーションあたり作業時間と累計作業時間の関係-実績時間.html
│   └── 散布図-教師付者の品質と作業量の関係.html
├── タスクlist.csv
└── メンバごとの生産性と品質.csv

Usage Details

annofabcli statistics visualize コマンドの出力結果をマージします。

usage: annofabcli stat_visualization merge [-h] [--yes]
                                           [--endpoint_url ENDPOINT_URL]
                                           [--annofab_user_id ANNOFAB_USER_ID]
                                           [--annofab_password ANNOFAB_PASSWORD]
                                           [--logdir LOGDIR] [--disable_log]
                                           [--debug] --dir DIR [DIR ...] -o
                                           OUTPUT_DIR
                                           [-u USER_ID [USER_ID ...]]
                                           [--minimal]

Named Arguments

--dir

マージ対象ディレクトリ。2つ以上指定してください。

-o, --output_dir

出力先ディレクトリ。配下にプロジェクト名のディレクトリが出力される。

-u, --user_id

ユーザごとの折れ線グラフに表示するユーザのuser_idを指定してください。指定しない場合は、上位20人のユーザ情報がプロットされます。 file:// を先頭に付けると、一覧が記載されたファイルを指定できます。

--minimal

必要最小限のファイルを出力します。

global optional arguments

--yes

処理中に現れる問い合わせに対して、常に yes と回答します。

--endpoint_url

Annofab WebAPIのエンドポイントを指定します。

Default: "https://annofab.com"

--annofab_user_id

Annofabにログインする際のユーザーID

--annofab_password

Annofabにログインする際のパスワード

--logdir

ログファイルを保存するディレクトリを指定します。

Default: .log

--disable_log

ログを無効にします。

--debug

HTTPリクエストの内容やレスポンスのステータスコードなど、デバッグ用のログが出力されます。